サツキログ

好きなもの・好きなこと・感じたことを自由に書き綴る備忘録

【映画】実写版「アラジン」見てきました※感想ネタバレ注意

f:id:stk5:20190608130218j:plain

ずっと楽しみにしていた実写版アラジン。

たまたま予定が合い、運よく公開初日に見に行くことができました。

 

とある知人曰く、

ニッポンの子供はジブリかディズニーのどっちを見て育つかに分かれる

らしいです(笑)

 

それでいうと私は断然ジブリ派の子供で、

ディズニーだと「アラジン」「ライオンキング」「不思議の国のアリス

くらいしかしっかり見た記憶がなかったのですが、

なぜか「アラジン」だけは文庫本も大事に持ってたくらい好きで、

今回見に行かんわけにはいかん。

ということで、

アラジンのアの字も知らん相方を引き連れ、レイトショーしてきました。

 

以下、ネタバレ注意です!!

 

実写版「アラジン」ネタバレ&感想

字幕、吹替ありますが、私は字幕で見てきました。

山寺宏一さんのジーニーはめちゃくちゃ捨てがたかったんだけど、

やはり幼少期に見た日本語版アニメがベースにあるので、

あんまり別の日本語で上書きしたくなかったんだな。

 

あと完全実写ということで、セットは異国感満載だろうと思っていたので、

そのままの言語の世界観で見たいのもありました。

 

ストーリーと感想・ネタバレ

完全にオリジナルの流れ通りに実写化だと勝手に思っていたのですが、

原作とちょこちょこ違うところが。

それでも、面白いから全然見入ってしまった。

 

感想① オープニングが違う!!

アニメ版のオープニングはというと、

アラブ商人が砂漠でラクダに乗りながら、アラビアンな歌を歌っている場面。

実写版では海、船上で父親っぽい男性が子供に物語を聞かせるところから始まります。

 

いきなり場面が違ったので、

「お?こりゃ期待外れたか?」という感じが一瞬否めませんでしたが、

これがラストに繋がる納得の伏線になっていて杞憂に終わりました(笑)

見に行かれる方、乞うご期待!

 

感想② アラビアの世界観めっちゃキレイ

当たり前ですが、映画通して終始独特な世界観が作り込まれています。

しかも、市場やピンク色の街並みの様子はモロッコ

海沿いの都市×高台の王宮の組み合わせはイスタンブール

きらびやかな衣装や賑やかなダンスのモデルはインド?

みたいな感じで、エキゾチック要素が好きな人にはたまらん世界観。

見ていて、めっちゃわくわくした!

 

感想③ ジーニー役ウィル・スミス最高

ジーニーの実写ってどんな感じかとずっと思っていたけど、

見てみたら何の違和感もなく入ってきました。

普通にジーニー。そしてセリフが面白い。

まじでこの役やってくれてありがとう。

 

感想④ ジャファー、優しそう...

今回の配役で、私が唯一イメージと違ったジャファー。

マーワン・ケンザリという方が演じていらっしゃるようです。

若そう。イケメン。つぶらな瞳。

なんか違うんだな...

ジャファーってもっとアクの強い渋いおっさんじゃなかったっけ。

優しそうすぎて、いかにもな悪役オーラがもっと欲しいと思うのは私だけ?

 

感想⑤ ジャスミンの描写が全然違う!!!!

ここが一番、印象的だった部分でもあるし、

この映画の見どころなのではないでしょうか。

 

話の中で、ジャスミンを取り巻くセリフに

「国ができてずっと、女が王になったことはない」

「私は民の声がわかるリーダーになりたいわ」

(両方ともうろ覚えなので、間違っていたらすみません)

みたいな描写があります。

こんなの、アニメにはなかったーー!!!

 

物語の後半、

ジャファーが国を治めてしまいアラジンが助けに来るまでの場面でも、

アニメではジャスミンが言われるがまま仕えているのに対し、

実写版ではがっつりジャファーに立ち向かいます。

 

実写版オリジナルのジャスミンのソロ曲もあるのですが、

女性解放というか、心の叫びをとうとうと歌っています。

 

ディズニーはアナ雪以来、王子の助けを待って幸せになるヒロインより、

自分で道を切り開くヒロインが支持されていると聞きましたが…

まさに今回のアラジンもそんな感じ。

 

それによってエンディングもアニメとはまた異なるものになっています。

あらためて時代を感じました。

 

アラジン感想まとめ

特に印象に残ったのは、いま書いたようなところ。

でもほかにも、

・アラジンとジャスミンの市場でのエピソード

ジャスミンの正体バレのタイミング

・アニメにはない大規模なダンスシーン

ジーニーの恋模様

といった、実写版ならではの場面もたくさんあって面白かったです。

 

例のアラジンのアの字も知らん相方も映画を楽しんだようですが、

「これから、イスラム文化とかそっち系の雰囲気とかに、

トレンドっていうかみんなの意識が寄っていくような気がする。

東京オリンピックもあるしアラブ系の人もたくさん来るやろうから、

絶対アラジンきっかけで何かの波はきそう」

と、シンプルに思ったとのことです。真面目か。

 

確かに、イスラムを意識したラインのアパレルブランドも増えている気がするし、

食事もいろんな宗教の人向けに食べやすいように、

提供を工夫するレストランが増えるってニュースで見た気がする。

さてどうなるのか。

 

とりあえず、8月には「ライオンキング」の実写も控えているということで、

「アラジン」「ライオンキング」がマイ・ディズニー・二大巨頭の私は、

そっちが楽しみでなりません。